繊細にして重厚に、楽曲にこめられた多彩なイメージを表現。ハイエンド エレクトロスタティック・イヤースピーカー◆新固定極を採用した発音体(サウンドエレメント)・固定電極の厚みは限りなく薄い方が空気の抵抗が減り音の透過性が向上します。反面、強度不足となり電極そのものが振動してしまい、音を濁らす要因となっていました。SR-009は、現在の技術の集大成として、熱拡散結合という技術によって、高温度・高圧力の環境で複数枚の電極を一体化することができました。これによって 強度と音(空気)の透過性を実現しました。◆DIAPHRAGM( 振動膜):更に極薄化!・SR-009には新規開発のサウンドユニットが搭載されています。発音体となるダイアフラムには従来のエンジニアリングプラスティックをさらに高性能化したスーパーエンプラという新しい高分子極薄フィルム素材を採用。特に「音質」に優れた素材をセレクト。低域から超高域まで極めて優れた周波数特性と広大なダイナミックレンジを達成しています。◆ダイヤフラム全面を平面駆動するエレクトロードも新規開発・MLER (Multi Layer ElectRodes) です。エレクトロードは限りない板厚の薄さと平面性が求められますが、同時に低共振性、音波の高透過率などもクリアする必要があります。超精密フォトエッチング加工を施した金属板を熱拡散結合というハイテク技術を用いて原子レベルで一体化、全く新しいエレクトロードを完成しました。


ひくい?

購入することです

巧妙

巧妙

オート

Похожие материалы:

JoomShaper Яндекс.Метрика